読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっという間に子育て終了。

息子が高校をやめて、16歳で自活始めました。彼とかあちゃんの、新しい暮らしと関係。

手袋を買いに。。。

5日ほど前、息子からメールが来た。

仕事の現場がうちの近くで、明日は休みだから今夜は祖父母の家に行くので、駅まで送ってくれない?って。

手袋とインナーも買いたいしって。

ちょうど仕事のキリもついたので、いいよ~と、時間を約束。

 

息子をピックアップして、お店に行き、「じゃあまたメールして」と別行動。

しばらくしたら息子から「いいのあった!」とメール。

むむっ。

「自分で買うんじゃないの?」

どうやら、一緒に買い物に行こうというのは、買ってねって、ことだったよう。

 

以前、月末の給料日前にスーパーに食材を買い出しに行き、一緒に支払いをしたんだった。

だから今回もきっと、そのつもりだったんだ!

 

でもでも。

年末年始にかけて、息子は横浜と能登に行く予定。

横浜に行くから能登はやめようかな?って言ってたから、

せっかくのお誘いだから、カンパするし行って来たら?と、言っておいた。

それが2万円のつもり。

 

そのことがあるから、手袋やインナー代などは今月の私の財布から出す予定はなし。

と、私は思ってた。

 

それでも、自転車通勤だし週末から寒くなるって言ってたし・・・

しばらく迷ってたんだけど、

息子は何も言わず、「じゃあいいわ」と、さっさと駐車場へ向かう。

 

ふむ。

こういうところ、潔いとも言えるけど、

頼むのがイヤなんだろうって思う。

(いや、単に私の財布にお金がないと思ったか?)

 

言葉少なに駅まで送る。

 

それからずっと気になってた。

息子は、服も欲しいし友だちとも遊びたいし、音楽活動もしたいし・・・

お金はいくらあっても足りない。

 

 

離婚してから、私は学費や必要経費でいっぱいいっぱいで、ないものはない!

だから息子は、随分とばあちゃんいいろいろ買ってもらって育って来た。

いろいろ言ったりもした(母には)けど、スマホを買ってもらった時にいろいろ

話し合って以降、ばあちゃんと息子との関係には口を出さないようにしてた。

 

そんな風に育った息子と、いつだったか物欲について話をしてたら、

「自分だって、どうにかしたい」って言ってた。

 

かなり物欲を満たしているのかと思いきや、かなり我慢もしているってわかった。

欲は欲で、満たされることがないんだろうな。

 

私は、息子に制限なくでっかく育って欲しいと思って来たし、

通ってた学校は、“わくなし”のびのび育て!って方針だったし、

どんなことにも、わくやブロックを作りたくない。

 

でもお金や物欲については・・・

お金に制限はないのかもしれないけど、

現実的に私の財布に入ってる金額は決まってる。

優先順位もはっきりしている。

 

答えの出ない疑問を未だにグルグル考えていて、

だから、すぐに手袋買ってやれなかったんだよね。

 

そして、この5日考えて出した結論は、手袋を買いに行く!

 

だって、気になって気になって仕方なかった。

甘いとか、与えすぎとか、いろいろ自分でも思うけど、

次の給料が出るまで手袋なしで、自転車通勤って、いやだ~って思う。

 

私が!

気になって仕方がないからって、買ってるようじゃ、甘ちゃんになってしまうかな~。

母親なら、ここはグッと我慢の時なのか?!

 

けど、自活始めて、食材の差し入れや買い物は何回かしたけど、

こういう買い物は初めて。

いいよね。

 

もし私に金銭的余裕がたっぷりあったら、

こんなことでいちいち考えることもなく、サクサク買い物してたかもしれないし。

息子が甘えてるとかそういう問題でなく、

これは私自身の、お金に対する考え方の問題だと思う。

まだまだ考え抜かねばならない、終わっていない私の課題。