読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっという間に子育て終了。

息子が高校をやめて、16歳で自活始めました。彼とかあちゃんの、新しい暮らしと関係。

まだ終わっていないこと。

2017年、新しい年の始まりです。

3日、高知在住の友人が、奈良の実家に帰省中に京都まで足を伸ばしてくれまして、

ランチしてきました。

 

この友人もシングルマザー。

16歳の娘と13歳の息子との3人暮らし。

ふたりとも、息子が行ってた学園に在籍中で、ふだんは寮生活。

似たような状況もあって、理解し合えることが多いです。

 

秋から電話で話してたテーマがあるのですが…。

それは、子どもの父親のこと。

 

私も友人も、傍から見たら、自分から離婚を選択し家を出たように思われてるけれど、

そこに至るまでのことを、誰にも話していないし、

離婚後、相手のことや何があったかを、話していない。

無意識に丸ごと封印してしまったみたい。

それが思いがけず、今になって出て来ることがあるって話。

それが、なかなかやっかいなのです。

 

いま、幸せだし、楽しくやってるのに、

意識してる範囲では、子どもの父親に対しても何の感情も残っていないのに…

でも、自身でもよくわからないのに、誰かの発言に過敏に反応してしまったり、

思わず涙が流れたり、カーッと怒りがこみ上げて来たり。

 

いったいこれは、どうしたものか?

 

新年早々なんだか重い話?を書いてるけれど。

これは、ホントはとっても前向きな話。

 

きちんと終わらせて、次に進むために、

自分ひとりでは気づくことができない、深く情動と絡みあってる記憶を、

過敏に反応するキーワードを頼りに、探り出す。

そして、もう今の自分にはそれはちっとも怖いことではない!ということを、

しっかり認識するのだ。

 

そして、きちんと卒業。