読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっという間に子育て終了。

息子が高校をやめて、16歳で自活始めました。彼とかあちゃんの、新しい暮らしと関係。

2月2日

8時に起きたけど、ふとんの中でぼんやり考え事してたら、また寝てた。

そのあとは目覚ましかけてて、何度もなってたけどなかなか起きれず…

10時過ぎにやっとふとんから出る。

今日は歯医者の予約が入ってるから、10時50分には家を出ないと!

 

行ってきました。

今日はだいぶ待ったけれど、その間読書。

予約入れてるのに、待たなければいけないということが、前はすごくいやだったけれど、今はむしろ本が読めるのでうれしい。

ちょっとは気持ちに余裕が出てきたってことかな。

うん。

ゆっくりいこう。

時間は楽しい気持ちで有効活用して。

 

昨夜はスクールカウンセラーをしている友人から電話。

この2日間、みっちりよく働いたという話を誰かに聞いて欲しかったんよ!とのこと。

毎日いろんな学校を回り、生徒の声だけでなくお母さんの声、担任の声も聴き、クラスだけでなく学校全体のことや地域性のことも考慮して、彼女は動いてた。

それって、担任の役割では?とか、家庭の問題だよね、とか、そもそも日本の公教育が…とか、いろいろ思うところがないわけではないけれど、それをただ言ってるのでは仕事にならない!

いま、まず何をするか!ってことを考えて、迅速に行動してた。

でも。

解決するのは、本人!

そう断言していた。

私もそこに共感。

いろんな立場のいろんな人が共存している中で、どうすればストレスが小さく、なるべく心地よく学校生活が送れるかを考え、問題点を探り、出来る限りのことはするけれど、根本的なことは、本人にしか解決できない。

本人が解決できる!ということを信じているということが、いちばんの役目だと思う。

 

彼女とは、ついつい熱くなって長電話になってしまう。

私はすっかり朝寝坊だったけど、彼女は早起きして今日もまた別の学校に向かったのだろう。